不妊症コラム

■妊娠成立のための条件・・・着床

卵管内の受精卵はすぐに細胞分裂を始め、成長しながら、卵管の働きによってやがて子宮に運ばれます。
そして、排卵後のホルモンの分泌によって受精卵の受け入れ態勢を整えている子宮内膜に根を下ろします。
(着床) ところが、受精卵が卵管から子宮へ正常に輸送されない場合は、子宮外妊娠などのトラブルが発生して、受胎の成立に支障が現れます。
また、受精卵が子宮内で着床に失敗したり、うまく着床しても子宮内膜の受け入れ態勢が十分に整っていないときは、受精卵は正常に発育できず、そのまま死んでしまったり、流産を起こしたりします。

ページトップへ