不妊症コラム

■AMH(抗ミューラー管ホルモン)

最近は、抗ミューラー管ホルモンが卵巣予備能をみる検査として注目されています。

このホルモンは前胞状卵胞(しばらくは排卵しない卵胞)で作られ、加齢とともに減少し、更年期ではほとんど検出されなくなります。
AMHの低値の方は残存卵子数が少なくなっており、排卵率や妊娠率が低下します。
また、AMHはFSHやLHと異なり、月経周期に影響を受けません。どの時期でも採決が可能です。
ただ、PCO(多嚢胞性卵巣)は値が高く出る傾向にあるので注意が必要です。

AMHの測定とFSH、LHの結果を合わせると卵巣予備能を評価するすぐれた指標になり、不妊治療において、早期のステップアップが必要か検討することができます。
ただ、AMHが低いからと言って卵子の質が悪いということではなく、あくまで残存卵子数の数を現わしているだけです。

検査は採血だけで済みますが、まだ、保険が適応されず自費診療となります。

ページトップへ