クリニックについて

小川クリニックの4つの特徴

  • 診察についての特徴

    産婦人科・内科各1名の医師により連携のとれた医療を行っています。 不妊症、更年期、妊娠中の問題を内科的・産婦人科的な局面により診察致します。内科は生活習慣病を中心とした慢性疾患をはじめ喘息・貧血・頭痛など、症状にあわせた治療、食事指導/生活指導を行っております。

  • 安心の充実設備

    外来には3台の超音波断層装置、レントゲン装置、分娩監視装置、高性能心電図、ホルター心電図などの最新のME機器を駆使し、万全の体制で皆様のご健康を守ります。また、分娩室にも超音波診断装置が設置され保育器、インファントウォーマー、分娩監視装置、経皮酸素濃度計が装備され、お母様と赤ちゃんの状態を観察します。

  • 未熟児医療専門医と連携

    万が一、超未熟児の出産など未熟児医療の専門医を必要とする場合は日大板橋病院、日赤医療センター、都立大塚病院等と密接な連携がとれます。

  • MRI、CT等の検査手続きが迅速

    MRI、CTなどの検査が必要な場合は、日本医大付属病院、聖母病院、日大板橋病院、東大病院、日赤医療センター等にすぐ手続きをとることが出来るので安心です。

クリニックツアー

外観

  • クリニック外観1
  • クリニック外観2
  • クリニック外観3

入口から受付のスタッフが元気にお出迎えをいたします。

待合室

  • 産婦人科 待合室
  • 内科 待合室
  • 談話スペース

たくさんの患者さまがゆっくりとくつろいでお待ち頂けるように、陽の光が入ってくるように窓を大き目にたくさん設置しています。 産婦人科は待ち時間に外出が出来るように番号札を引いて頂き、電話で診察状況の確認ができます。

診察室

  • 産婦人科診察室
  • 内科診察室
  • NST室

リラックスして診療を受けていただけるように、スペースを広めにとった診療室になっております。

ページトップへ