• 水・土曜午後/日・祝休診

    03-3951-0356

子宮筋腫

お腹を押さえる女性

子宮筋腫について

子宮の筋肉に由来する良性の腫瘍(コブ)で、1つまたは多発することがあります。月経がはじまる前には発症せず、閉経すると縮小するように、女性ホルモンが関係する腫瘍です。その頻度は高く、30代の女性の20~30%にみられます。

子宮筋腫ができる場所

できる場所によって以下の3つに分類されます。

子宮筋腫ができる場所

症状の種類

  • 過多月経(月経血の量が増える)
  • 過長月経(月経が長く続く)
  • 筋腫による圧迫症状(頻尿、便秘、腰痛など)
  • 月経痛
  • 貧血になる

診断と治療

診断の様子

内診や超音波検査で診断し、がんや肉腫との鑑別診断としてMRI、CT検査を行うこともあります。閉経後に筋腫が増大する場合は、子宮がんよりも悪性な子宮肉腫を疑うことがあります。

治療は原則として症状が日常生活に影響の出る場合に治療をします。症状のない場合にも定期的な診察をお勧めします。

01

薬物療法

1.偽閉経療法
女性ホルモンを抑えて閉経の状態にする治療です。手術を避けたい人や手術を受ける前に筋腫の縮小を計り、手術をやりやすくする目的で使用されます。
2.対症療法
  1. 鉄剤(過多月経や過長月経による貧血に対して治療します)
  2. 鎮痛剤
  3. ホルモン剤(低用量ピルを含む)
3.ピルの処方
低用量ピル(保険適用)

02

リング「ミレーナ」(黄体ホルモンを放出)の挿入

子宮内膜を薄くして過多月経や月経困難を軽減します。

03

手術療法

1.子宮筋腫核出術
妊娠希望のある人や将来妊娠の可能性のある人を対象にする方法です。筋腫だけを摘出して妊娠するのに必要な子宮の部分を残す方法です。
2. 子宮全摘術
妊娠希望がなく、将来にわたり妊娠の予定がない人に対して行う子宮を全部摘出する方法です。子宮全摘する場合、「全摘後に更年期障害の症状が出るのではないか?」と心配される方が多いですが、卵巣を残せばすぐに更年期症状が出るわけではありません。①②とも大きさによっては腹腔鏡手術が可能です。腹腔鏡手術をご希望の方は、腹腔鏡技術認定医のいる病院をご紹介いたします。
3.子宮鏡手術
粘膜下筋腫を子宮鏡で子宮内部を観察しながら手術する方法です。
4. UAE(子宮動脈塞栓術)
鼠径部からカテーテルを血管内に挿入して、子宮動脈に栓(ツメル)をして筋腫を兵糧攻めにする方法で、これにより筋腫の縮小が計れます。

ページトップへ戻る