• 水・土曜午後/日・祝休診

    03-3951-0356

医療用腟レーザー(インティマレーザー)

レーザー治療の必要な方について

悩む女性

女性は出産や加齢、肥満、運動不足などで骨盤の筋肉の疲労と腟のゆるみにより、様々な症状が出てきます。また加齢により腟周囲のコラーゲンも徐々に減少してきます。コラーゲンの減少が進むと、血流も低下し腟の粘膜も薄くなり、お互いに支えきれなくなります。その状態になると、クシャミをしたときに尿が漏れる「尿失禁」、お産や加齢のために子宮が下降してくるのに引きずられて、膀胱、直腸が下がってくる「膀胱瘤、直腸瘤」などが起こりやすくなります。

更に40歳台からの女性ホルモンの分泌低下は腟の粘膜にも影響を及ぼし、腟の乾燥、緩み、腟炎などが起こりやすくなります。それにより性交時の違和感や性的満足の低下をきたします。このような方にレーザー治療は有効であると言われています。

レーザー治療の効果

お腹を押さえる女性

レーザー待機室

レーザー治療は腟内にレーザーを照射することにより、腟の表面に作用し腟が引き締まります。更に乾燥、痒みや違和感による性交痛などでお悩みの方はモードを切り替えることにより腟に潤いも与え、不快症状を取り除きます。また外腟部(大陰唇、小陰唇)のホワイトニング効果も認められています。

そして腟の深部にもレーザーが照射されることにより、組織のコラーゲンが再生され腟壁の厚みが増し、柔軟性も出てきて緩みが改善されます。コラーゲンの再生により腟と尿道周囲の組織も引き締まり、尿漏れ(尿失禁)の改善も図ることができます。それと同時に膀胱と直腸を覆っている腟壁が強化され、膀胱、直腸の下降(膀胱瘤、直腸瘤)を防ぐことができます。

※レーザー治療は②外陰部不快症状、閉経関連泌尿器生殖器症候群(GSM)に対する治療として、日本産科婦人科学会の編集・監修している産婦人科診療ガイドライン婦人科外来編(2020)にも治療法として掲載されています。

尿漏れ(尿失禁)に対するレーザーの効果

腟の引き締め効果

適応症状

1

女性機能不全「FSD」(腟、腟口の緩み、お湯漏れ症状)

2

外陰部不快症状、閉経関連泌尿器生殖器症候群「GSM」(腟の痒み、性交痛)

3

尿失禁(クシャミ、運動時に起こる尿漏れ)

4

膀胱瘤、直腸瘤(骨盤底筋の緩み、腟の弛緩による膀胱・直腸の弛緩)

!

アンチエイジングとしてのレーザー治療


レーザー治療は腟壁の黒ずみ、におい、産後の腟の緩みなどアンチエイジングのケアとしても非常に効果があります。また海外でも女性機能不全、外陰部不快症状、尿失禁、膀胱瘤・直腸瘤の症状改善以外にアンチエイジングとしての効果が実証されています。特にインティマレーザーは第73回日本産科婦人科学会学術講演会のシンポジウムで“最新テクノロジ―を用いた低侵襲婦人科治療“、また第36回日本女性医学会学術集会のセミナーでも”レーザー&磁気治療最前線“との発表がされました。

レーザー治療のサイクル・回数

悩む女性

4~8週間間隔で症状に合わせて1~3回程度治療を行うことで上記の症状が徐々に改善します。症状の強い方は、3回以上行う場合もあります。1クール治療後は、1~2年に1回程度、定期的に治療を継続して効果を維持することをお勧めしています。

レーザー治療の方法

インティマレーザー治療では、専用のアプリケーターを使用し、腟内及び外陰部にレーザーを照射します。

  • Step01
    麻酔

    腟の奥は熱や痛みを感じにくいのですが、腟口付近は熱に敏感なため、レーザー治療の15~20分前に腟の入り口付近に麻酔クリームを塗布します。治療中は、麻酔が効いていますので痛みはありません。部分的に少し熱さを感じる程度です。

  • Step02
    レーザー照射

    腟内及び外陰部にレーザーを照射します。(10分程度)

  • Step03
    治療後

    治療終了後すぐに日常生活に戻っていただいて大丈夫です。性生活・タンポンの使用など腟内にモノを入れることは3日程控えてください。オリモノが増えることがあるので、当日は生理用ナプキンかオリモノシートなどをご用意いただくことをお勧めします。ホワイトニング治療を行った場合は、黒ずみを除去した場所が1週間程度ヒリヒリするため、軟膏をお持ち帰りいただきますので、指示通り使用してください。

効果

副作用(大きな副作用もなく、安全に治療できます)

発赤・浮腫・部分的熱感 100% 2~3日
治療中の軽度の疼痛 14.7% 治療中のみ、麻酔で殆ど感じず
治療後の軽度の疼痛、ヒリヒリ感 4.3% 数時間~数日
軽微の出血 3.7% 数時間
1次的な切迫尿失禁 3.2% 1~3週間
表在性熱傷 1.6% 7~10日で完全消失
オリモノの増加 10%以上 数日~7日

料金(税込み)

1回目 2回目 3回目以降
尿失禁治療 110,000円 99,000円 88,000円
腟引締め治療 110,000円 99,000円
GSM(閉経関連泌尿器症候群) 55,000円 49,500円 44,000円
骨盤臓器脱治療(膀胱瘤、直腸瘤、子宮下垂) 110,000円 99,000円 88,000円
小陰唇ホワイトニング 82,500円 77,000円 66,000円
大陰唇ホワイトニング 55,000円 49,500円 44,000円

※参考治療回数:腟引締め治療1~2回、尿失禁治療3回、GSM治療3~5回、骨盤臓器脱治療5~6回、ホワイトニング(小陰唇・大陰唇)1~3回(おおよその目安です)

注意事項

  • 医療用レーザーは公的医療保険が適用されない自費診療です。

レーザー治療のできない方

光過敏症・光アレルギー、てんかん、ヘルペス、カンジタ腟炎、その他腟感染症などのある方は治療できないこともあります。このような症状のある方はご相談ください。

ページトップへ戻る